テーブルなどの家具を揃えたい方に詳しくご紹介します

一口にテーブルといっても様々な用途によって購入するものも違ってきます。例えば、引っ越しして独り暮らしを始める時など家具を一から新調する機会になります。そんな時には、ある程度の統一感を持たせたものを揃えたいです。ダイニングテーブル、コーヒーテーブル、ライテングテーブル、サイドテーブル等々。ひとつひとつを慎重に選びたいものです。しっくりこないものは避けたいです。部屋や他の家具と調和がとれている事。使い勝手が良い事。予算内で購入できるか。でも、それらの決まり事も吹き飛ばしてしまうのは自分の好みに合っているかということです。自分のスタイルを既に持っている人は家具選びに迷いが余りないかもしれません。自分の流儀に沿って出来るからです。でも、どうしていいのか良く分らなくて困るという方には「カントリー調」などの既にある、好きなスタイルに沿って家具屋さんを覗いてみるといいです。

好みのスタイル「お姫様ルーム」をつくろう

女子なら一度は憧れる、ロココ調の「お姫様ルーム」をつくりたいという場合、同じテーブル、椅子でも本格的な高価なものから、安価なものまで揃っています。センターテーブルもダイニングテーブルも猫脚でピンクベージュやすっきりしたホワイトなどが人気です。ベッドも天井にモスキート―ネットを吊るすだけで部屋のムードかなり違ってきます。布団枕カバーもセットで販売しています。テーブルやベッド、チェストなどの主な家具選びは勿論大切です。でも、クッションや小物をどうするかで全く違います。家具だけではガランとして見えます。それでいて、散らかってみえないよう収納も大切です。小物類はネット通販でもおおむね大丈夫です。ただ、布団カバーが意外に薄いなどという事があるので吟味は必要です。憧れの部屋をつくるために家具屋さんをめぐるのは、きっと楽しいはずです。ネット通販とは違う楽しさです。友人と一緒に巡り意見を訊くのもいいです。

好みのスタイル「北欧風の部屋」をつくろう

ちょっと流行も下火になってきましたが北欧スタイルはお洒落で日本人女性の心を掴んだ流行です。北欧では冬が長いので部屋の中のインテリアにはとても凝るというお国柄です。テーブルもユニークなものが多いです。例えばS字の天板で何人かで席についたとき、とても話がしやすい角度になっています。天板の角もすべて丸く作られ温もりがあります。ビビットカラーのカーテンやカーペットのイメージが強いです。そのビビットカラーの小物を一番生かすのが「グレーソファ―」です。グレーは落ち着きがあり、そこのピンクのクッションを置いても、後ろの壁にカラフルなテキスタイルを飾っても、それらをしっくりさせてくれる色です。北欧やヨーロッパの人々は日本と反対で、じっくり選んだ高い家具を購入するために貯金します。高い家具は長持ちして修理しながら次の世代に残します。日本ではなかなか無い習慣ですが真似してみる価値ありそうです。