家具というとダイニングテーブルがまず思い浮かびます。そして家具のカタログなどに載っている厚みのあるブラウン系で重厚なテーブルなどに目を奪われます。これらの素材は無垢材が使われているとされます。無垢とは手垢の付かないとかいう意味があり、純粋無垢という言葉も使われます。この場合は心身が汚れていないという意味合いがあり、別の言葉でいうと世間ずれしていないと言った意味で使われるようです。木材の場合は集成材などのような加工した材ではなく伐採された木材がそのままの形で切り取られて使われるという意味があります。家具は木がそのまま使われているようで本当は芯材の回りを木目の美しいシート状のもので包まれて作られているケースが多く、これらの構造はフラッシュ構造と呼ばれています。

無垢材にはどのような性質があるのでしょうか

無垢材の家具はフラッシュ家具よりも価格が高いと言えます。1本の木から必要な長さや巾の材がとられ、しかも直径の大きな木材でないと必要な大きさのものがとれない為大量には作ることができないものです。太平洋戦争によって日本全国の多くの家屋が焼失しました。そして戦後になってその立て直しが行われ、高度成長期を迎えると多くの住宅が建てられるようになりました。技術の進歩も進み大量生産が可能になったことで無垢の材でなくフラッシュ構造の生産へと移って行きました。無垢材はまず重厚感と同時に断熱性能、あるいは乾燥時には水分を排出し、湿潤時には水分を吸収するという調湿作用を持っています。堅固で耐久力がありしかも素朴で木のぬくもりが感じられ、接着剤や金具が殆ど用いられず年月とともに味わいも出て来ます。

テーブルを探す方法としてはどういう方法があるのか

まず近くの家具店へ直接入って探すのも1つの方法です。しかし自宅の部屋に合う家具やテーブルを探す場合は回りの材質感やカーテン、その他の色彩からインテリアに合うもの、寸法の合致するものを選ぶ必要があります。ナチュラルな雰囲気の室内では集成材のテーブルのほうが合っているとも言え、シックな雰囲気のリビングダイニングルームであれば無垢のテーブルが合うとも言えます。そして椅子もテーブルの質感や色彩に合わせると落ち着くものです。床材がフローリング貼りの場合はたいていは硬質な素材が使われるものですが、無垢材のフローリングを床に貼る場合にはその材の硬度に注意しないと擦れて床が傷つき易くなります。場合によっては表面上をコーティングする必要が出てくる場合があります。サイトから、あるいは雑誌等から商品を探しそれが販売されている実店舗、又は通信販売で購入することも出来ます。

Comments are closed.